2009年 07月 02日
紫色の花
a0129867_22123955.jpg
キキョウ科の“ツリガネニンジン”。

宿根草といっても、毎年元気に咲いてくれるものがあるかと思えば、数年で庭から消えてしまうものもあり、環境次第で、状況は変わるようです。

この“ツリガネニンジン”との相性はいいようで、年々増えて、ご近所さんのお庭でも元気に育っています。


a0129867_221318100.jpg


a0129867_22134383.jpg
上のハーブは、シソ科の“セルフヒール”。
右は、ゴマノハグサ科の“トードフラックス”。
どちらも、ご近所のお庭から分けていただきました。
こぼれ種でたくさん増えるそうなので、来年、再来年が楽しみです。

ここ清里は、夏は涼しく、蒸れに弱い植物には過ごし易い環境ではありますが、冬の寒さが厳しく、寒さに弱い植物は、春を迎えることが出来ないものもあります。

そのため、同じような環境で育つ植物の情報交換はたいへん貴重です。さらに、情報のみならず、苗の交換もさせていただける園芸友達には、感謝です。
[PR]

by comet_garden | 2009-07-02 23:00 | 今日の庭


<< 初収穫      シンボルツリー >>