2009年 07月 06日
名前が違っていました
a0129867_2145477.jpg

少し前に“ツリガネニンジン”と、紹介した花の名前が違っていました。

カンパニュラ ラプンクロイデス”でした。同じキキョウ科の花ですが、これが正しい名前です。失礼いたしました。苗屋さんから購入したときは、覚えていたつもりでしたが、いつの間にか、思い込みが優先してしまっていたようです。
[PR]

# by comet_garden | 2009-07-06 21:59 | 最近の庭
2009年 07月 06日
名前にブルーとつく花
a0129867_15341975.jpg
今日は、朝から雨降りです。ぐったり濡れた花では紹介しづらいので、最近咲いている花を紹介します。

キンポウゲ科の“デルフィニウム”。

園芸植物で、たくさんの品種があります。この苗を購入したときについていた名札には、“デルフィニウム パシフィック イングリッシュブルー”と、書いてありました。

さすがに記憶力に限界があるため、苗屋さんに名札をつけてもらったり、携帯電話にメモしたり、画像を残したりしてフルネームを覚えるようにしています。


a0129867_15344912.jpg
ゴマノハグサ科の“ベロニカ”。
フルネームは、“ベロニカ ブルーリーゼン”です。花色は、深い紫色です。

花苗を探していると、ブルーとついたものを見かけますが、本当に青い色の花だけにその名がつけられているわけではなく、濃い紫色の花にもつけられていることが多いような気がします。


ここは、標高が高い=紫外線が強い。そのせいか花の色がくっきり、濃いなぁと感じるのは気のせいでしょうか。
[PR]

# by comet_garden | 2009-07-06 16:20 | 最近の庭
2009年 07月 05日
白い色の花
a0129867_1531864.jpg
ユキノシタ科の“アスチルベ”。

コメットの庭には、白花の品種だけ植えていますが、他に赤やピンクもあり、風に吹かれて揺らぐ姿は、清涼感があります。

株分けで増やすことができる、と園芸書に書いてあったので、試してはいるのですが、思うようにはなかなかいかないものです。


a0129867_154286.jpg
マメ科の“ルピナス”(ノボリフジ)。

何年かに一度、つい苗を購入してしまう、お気に入りの花です。

土に元気がないためか?、4年くらい前からある、紫色の苗は、今年は、小さくつぼみをつけているので、新たに白花の苗を購入しました。大きな株となってほしいので、肥料を施さなくてはいけませんね。
[PR]

# by comet_garden | 2009-07-05 15:27 | 今日の庭
2009年 07月 03日
初収穫
a0129867_16154589.jpg
庭の果樹は晴天に恵まれなくても、順調に色づき、収穫の時を迎えました。

右のは、“グーズベリー”(西洋すぐり)。これは、今年、実がついた状態を購入してきたニューフェイスです。すこし茶色くなったら収穫できると書いてあったので、待ちに待っての収穫となりました。

下のは、“フサスグリ”。5~6年まえくらいに購入したもので、かなり大きくなり、収穫量は年々増えています。

こんなにたくさんの実をつけても、鳥にねらわれることなく、収穫が出来るのは、酸味のせいかな?。


a0129867_16161768.jpg


a0129867_1616401.jpg
左のは、“ラズベリー”(木いちご)。

8年くらいまえに購入したものです。育て方のせいか、少しの収穫です。

小粒ですが、口に入れたときの味と香りは、ピカイチです。


a0129867_16172071.jpg
たくさん収穫できた果実たちは、お客様のデザートに添えて召し上がっていただいています。

生食に向かないものや、形が美しくないものなどは、ジャムにして保存しておき、デザートづくりに使っています。
[PR]

# by comet_garden | 2009-07-03 16:41 | 今日の庭
2009年 07月 02日
紫色の花
a0129867_22123955.jpg
キキョウ科の“ツリガネニンジン”。

宿根草といっても、毎年元気に咲いてくれるものがあるかと思えば、数年で庭から消えてしまうものもあり、環境次第で、状況は変わるようです。

この“ツリガネニンジン”との相性はいいようで、年々増えて、ご近所さんのお庭でも元気に育っています。


a0129867_221318100.jpg


a0129867_22134383.jpg
上のハーブは、シソ科の“セルフヒール”。
右は、ゴマノハグサ科の“トードフラックス”。
どちらも、ご近所のお庭から分けていただきました。
こぼれ種でたくさん増えるそうなので、来年、再来年が楽しみです。

ここ清里は、夏は涼しく、蒸れに弱い植物には過ごし易い環境ではありますが、冬の寒さが厳しく、寒さに弱い植物は、春を迎えることが出来ないものもあります。

そのため、同じような環境で育つ植物の情報交換はたいへん貴重です。さらに、情報のみならず、苗の交換もさせていただける園芸友達には、感謝です。
[PR]

# by comet_garden | 2009-07-02 23:00 | 今日の庭